HOME > 【学校紹介】校長からのメッセージ・沿革

校長からのメッセージ・沿革

校長からのメッセージ

本校は、3学科8コースを設置するなど、今日まで生徒の多様な興味に応じてきました。
高等専修学校は、本格的な専門知識と技術が学べる言わば専門学校の高校版です。
授業の約半分が専門科目なので、皆さんの興味と向上心を満たしてくれることでしょう。また、本校では様々な資格取得にも力を入れています。放課後に行う資格取得ゼミでは積極的に参加する生徒が増えてきました。
学校生活を楽しく有意義に過ごすために、何か一つでも人より優れたものを習得したいという気持ちが大切です。私たち教職員はそんな気持ちを応援するために、時には優しく、時には厳しく日々接しています。
生徒の皆さんが「本校に入学してよかった」、保護者の皆様にとって「入学させてよかった」と思える学校づくりを目指して参ります。

沿革

昭和28年
洋・和裁の専門学校として、新橋洋裁学院を設立。
昭和31年
新橋洋裁学院を野田文化服装学院へ改称。
昭和33年
東京の文化服装学院連鎖校として認可。
昭和42年
学校法人西口学園を設置。
昭和44年
4階建て校舎新築。
昭和50年
向陽台高等学校の技能連携校として文部省認可委初第5号
昭和52年
専修学校 被服専門課程・被服高等課程を設置。 野田文化服装学院を野田文化服装専門学校へ改称とともに、 阪神家政専門学校を設置。
昭和53年
阪神家政専門学校、5階建て校舎新築。
昭和56年
阪神家政専門学校、2階建て実習施設を増築。
昭和59年
野田文化服装専門学校を阪神ファッション工芸専門学校へ改称、 5階建て校舎新築。
昭和62年~ 平成5年
阪神ファッション工芸専門学校、フランスのファッション専門学校とニース市でジョイントショーを開催。
平成8年
阪神家政専門学校、高等課程に福祉科を設置。 阪神家政専門学校を阪神家政高等専修学校へ改称。
平成9年
スクールカウンセリング室を設置。
平成10年
社会福祉法人阪神長楽苑を設立し、居宅介護支援事業所・ デイサービスセンター運営開始。
平成12年
ファッション販売演習室(VSET-Hanshin)を設置。
平成15年
ヘアメイク実習室(メイクアップスタジオ)を設置。
平成16年
阪神ファッション工芸専門学校、ファッション工芸学科の設備を拡充。
平成17年
阪神ファッション工芸専門学校、創立50周年記念事業の一環として新VISを導入。
平成19年
阪神ファッション工芸専門学校を大阪ファッションデザイン専門学校へ改称。 フォアードパリでファッションショーを開催。 専門課程 パリ ジャパンエキスポでファッションショーを開催。
平成20年
専門課程 ファッションクリエート科ファッション・ビューティーコース設置。
平成23年
阪神家政高等専修学校 制服を一新。
平成26年
4月より英風女子高等専修学校へ改称。普通科新設。ファッション科美容コース、福祉科保育福祉コース追加。校舎改装工事を実施。
平成27年
普通科に製菓コースとマンガコースを、福祉科に看護福祉コースを追加。
平成28年
社会福祉法人英風保育園を設立。

英風女子高等専修学校
〒553-0006 大阪市福島区吉野4-13-4 TEL.06-6464-0668 FAX.06-6464-1130
Copyright 英風女子高等専修学校 All rights reserved.